肥満外来

保険適用の肥満外来をご希望の方へ

保険適用の肥満外来をご希望の方へ「肥満は万病の元」とも言われ、糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめ、様々な疾患の原因となります。
肥満を解消し、病気予防に繋げるために、高松市の高松ささき内科ハートクリニックでは肥満外来を行っています。 一定の要件を満たすことで、肥満外来での治療が保険適用で受けられるようになります。

肥満とは

肥満とは何キロからを言うのか、明確に定義するのは難しいのですが、医学的には“BMIが25以上”からが肥満とみなされます。
BMIによる肥満度の判定は次の通りです。

BMI=体重(Kg)÷【身長(m)×身長(m)】

判定 BMI
低体重 18.5未満
普通体重 18.5以上 25未満
肥満 1度 25以上 30未満
肥満 2度 30以上 35未満
肥満 3度 35以上 40未満
肥満 4度 40以上

肥満が引き起こす疾患

肥満によって引き起こされる疾患は様々で、主だったものでも次のような疾患の原因となります。 誤った方法でダイエットしようとすると、かえって健康を損なう場合がありますので、当院の肥満外来へお越しいただき、正しい方法で肥満を解消して病気を予防するようにしましょう。

肥満外来のメリット

正しい方法で肥満が解消できる

過度なダイエットや正しくないダイエットは、かえって健康を損なう恐れがあります。 クリニックで肥満外来を受けて、正しい方法で肥満を解消するようにしましょう。

肥満解消後、リバウドしにくい

クリニックでの肥満外来は食事や運動といった生活習慣の改善を中心に行いますので、肥満解消後のリバウンドが防ぎやすくなります。

肥満解消のためのお薬を処方

クリニックでの肥満外来なら、食欲抑制剤などの肥満解消のためのお薬を処方してもらって、効果的に肥満解消を目指すことができるようになります。

肥満外来の治療

当院の肥満外来では次のような治療を行って、肥満解消をサポートいたします。

食事療法

食事療法食べ過ぎや脂っこい食事、頻繁な間食などの食生活は肥満の原因となりますので、そうした食生活を見直すために管理栄養士から適切な食事内容をアドバイスし、またカロリー計算などを学んでもらって、肥満解消を目指します。

運動療法

運動療法

毎日の食事に加えて、運動習慣の見直しも行います。 いきなり無理な運動をするのではなく、軽いウォーキングなどから始めて、エネルギーを消費して肥満を解消していきます。 無理のない範囲の運動を、根気強く毎日続けるようにしましょう。

薬の処方

食事療法や運動療法で効果が不十分な高度肥満の方には薬物療法を検討します。
当院では肥満解消をサポートするために次のようなお薬を処方することができます。

食欲抑制剤

【商品名サノレックス:薬剤名マジンドール】
食欲に関わる神経に直接作用することで、食欲を抑制して、食べ過ぎなどを防止します。
BMI が35以上の高度肥満の方に3か月間限定で処方できます。あくまでサポートですので薬に完全に依存せず、投薬期間中に生活習慣の改善を行いましょう。

下記のお薬は糖尿病の方のみに処方可能です。

SGLT2阻害薬

グルコース(糖質)を尿として排出するのを促進させるお薬です。 これによりカロリーが効率良く体外へ排出されるようになるため、体重減少が期待できるようになります。

GLP-1受容体作動薬

GLP-1を注入して脳の満腹中枢に働きかけ、自然に食欲を抑制するお薬です。 食事量・摂取カロリーが抑えられ、肥満解消・体重減少に繋がります。

087-851-6688 WEB予約 LINE予約 WEB問診